転職するたびに口座が増えるのはもう嫌だ!選ぶべき銀行はこの2つ!

通帳の画像 転職

その口座は全国に支店がありますか?まずはそこから見直そう!

口座を作るときのポイントはいくつかあります。

それを踏まえて、あなたにオススメはどの口座なのか?ということをお伝えします。


転職するなら口座は[三井住友]か[ゆうちょ]の2択|理由とポイント

・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行

選ぶなら絶対にこの2つ!

実際に転職を繰り返してこの結論に至りました。


手数料がかからないものを選ぼう

仮にあなたがずっと同じ地域で転職を繰り返すのであれば、銀行口座は地方銀行でも構いません。

ですが、これから何があるかは分かりません。

強い意志で同じ地域で働きたいと考えていたとしても、何かのきっかけで他の地域に行かなくてはいけない場面があるかもしれないのです。


もし地方銀行しか持っていなかった場合、お給料が振り込まれたとしてもおろすときに必ず手数料がかかってしまいます。

たかが数百円。
されど数百円。

年単位で考えると相当な金額になってしまい、とても勿体ない思いをしてしまうでしょう。


そもそもなぜ手数料がかかってしまうのか?

難しい話は置いておいて、簡単に説明をします。


基本的に銀行口座(A銀行)を作った際、

・A銀行の窓口
・A銀行のATM

からお金をおろすと手数料はかかりません。

A銀行 「自分の会社を使って下さってありがとうございます」

というサービスだと考えて頂ければ分かり易いかと思います。


ですが、他銀行でお金をおろそうと思うと必ず手数料が発生するのです。

B銀行 「他の銀行を使うのですから、手数料貰いますね」

このようなイメージです。


地方銀行のメリット・デメリット

地方銀行はその表記の通り「地方」にしかないのです。

違う県や市に行くと、その銀行自体が存在しません。


メリット

地方銀行の良いところは、その地域に沢山あるということです。

私は札幌に住んでいる頃、北洋銀行という地方銀行を使っておりました。

北洋銀行は街を歩いていればどこにでもあり、お金をおろし忘れたとしても10分歩けば次のATMが見つかります。

その地方に住み続けるのであれば無料で引き落としが出来、どんなところでもすぐおろすことが可能なので全く不便に思うことはないのです。


デメリット

道外に転職をしたときにとても困りました。

お金をおろしたいとき、コンビニATMか他銀行を使うしかないのですが、当たり前のように手数料がかかります。

本州にないのか調べてみたところ、東京に1件だけ支店がありますがなかなか東京には行けません。

引っ越しの際には住所変更、結婚の際には苗字の変更の手続きに行かなくてはいけないのですが、実際手続きが出来たのはずっと後のことでした。

・手数料がかかる
・手続きするには地域に戻る必要がある

この2点がかなりのネックになってしまいます。


この経験から、あなたが転職を繰り返すようであれば全国展開されている銀行で口座を作るよう強く勧めます。


[三井住友]と[ゆうちょ]の強みとは?|クレジットカードは作るべき?

クレジットカードの画像

まず、[三井住友銀行]と[ゆうちょ銀行]はどこの地域に行っても必ずあります。

銀行自体があるということは[手数料]がかかりません。

そして何かあってもすぐに[手続き]に行くことが出来ます。

この2点は転職する際にはかなり重要なポイントと言えるでしょう。


また、2つともクレジットカードが存在します

もしまだクレジットカードを持っていないのであれば、新しく作っても良いでしょう。

キャッシュカードとクレジットカードが一体型だと財布の中がスッキリするので、一体型は1枚は持っておきたいアイテムです。


[三井住友銀行]と[ゆうちょ銀行]どちらか選ぶならオススメは?

店舗の数で決めるなら[ゆうちょ銀行]です。

田舎の方でも郵便局は必ずありますので、わざわざ街の方に足を運ばなくてもお金をおろせます。


店舗の数では劣るものの、その他の機能では[三井住友銀行]がオススメです。

まずクレジットカード。

・ゆうちょ:初年度無料(2年目から有料)
・三井住友:年会費無料(※4月30日までに申し込んだ方限定/通常有料)

三井住友では現在イベントをやっており、4月末までにクレジットカードを作った方限定で年会費永久無料になります。

通常は初年度から年会費がかかるのですが、今だけはかなりお得な条件となっています。

クレジットも一緒に作りたいと思っているのであれば、断然三井住友銀行で口座を作るべきでしょう。


次に会社指定口座

会社によっては給料の振込口座をしてくる場合があります。

その際、三井住友銀行を指定してくる会社が多いのです。

全国展開している銀行で口座を作成していても、会社で別の銀行を指定されてしまっては意味がありません。

三井住友銀行が必ず指定されるわけではありませんが、当たる確率はかなり高いので選んでおいて損はないでしょう。


最後にインターネットバンキング

ここのメリットが非常に大きいです。

三井住友銀行はインターネット上で

・残高確認
・住所変更
・振り込み

等の確認が可能なのです。

給料が振り込まれたときにわざわざATMに行かなくても良いですし、フリマ等で振り込みが必要なときには自宅から操作が出来るのがかなり便利です。

他にもサービスがあり、サポート体制もしっかりしているので安心してWEBサービスも使うことが出来るでしょう。


以上の内容から、どちらがオススメかと聞かれれば

[三井住友銀行]

と答えさせて頂きます。


まとめ

通帳の画像
【ゆうちょ銀行】
・全国どこにでもある
・田舎にも絶対にある
・クレジットカードは初年度のみ無料

【三井住友銀行】
・全国どこにでもある
・クレジットは永久無料(条件有)
・会社指定口座の場合が多い
・インターネットバンキングが便利

転職を繰り返して口座が増えるようならば、この2つのどちらかを選んで作るのが良いでしょう。

ポイントを見比べて、どちらが良いかはあなたが決めてみて下さい。

口座を3つ以上持つと管理をしにくくなりますので、1度綺麗に整理してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました